GINZA

立木義浩

Yoshihiro TATSUKI

1937年徳島県生まれ。58年、東京写真短期大学(現・東京工芸大学)卒業。アドセンター設立時にカメラマンとして参加。69年、フリーランスとなる。広告・雑誌・出版など幅広い分野で活躍。65年に『カメラ毎日』でフォトストーリーとして56ページにも渡り発表されたシリーズ『舌出し天使』は構成・和田誠、詩・寺山修司、解説・草森紳一らによる大胆な編集が大きな反響を呼び「戦後写真史における事件」として、今なお語り継がれている。
主な写真集に『GIRL』(70年)、『私生活・加賀まり子』(71年)、山口百恵自叙伝『蒼い時』(80年)、『MY AMERICA』(82年)、『家族の肖像』(90年)、『ありふれた風景』(07年)など。

立木義浩の展覧会

AKIO NAGASAWA Inaugural Exhibition

猪瀬 光、小川隆之、加納典明、杵島隆、倉田精二、坂田栄一郎、沢渡朔、柴田敏雄、須田一政、瀬戸正人、立木義浩、内藤正敏、野村佐紀子、森山大道、細江英公、吉永マサユキ、吉増剛造、吉行耕平、ウィリアム・クライン、サラ・ムーン

2014年11月5日(水) - 11月30日(日)
AKIO NAGASAWA Inaugural Exhibition
2014.11.5(Wed.) - 11.30(Sun.)
Gallery hours:11:00-19:00
Closed on Monday,Tuesday
*11月24日は祝日につきオープンいたします。