稀少

Television 1975-1976

望月正夫

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました。

「テレビジョン」シリーズは、望月正夫が1975年から1976年にかけて制作した作品です。
まだ家庭用ビデオが普及していなかった時代に、事件報道番組や娯楽番組などその時々に人々の興味を引いた様々なテレビ番組を、リアルタイムに、1プレート(6×6フィルム)に35コマの映像を納めるという手法で記録したものです。これらの作品では、当時のテレビ番組の映像が断片化され、見る者の記憶や感覚に直接訴える一つのイメージとして再構成されています。
本書は望月正夫の初の作品集となり、35作品(182プレート 6,370コマ)が収録されています。

判型
370 x 370 x 20 mm
製本
ハードカバー、スリップケース入
発行年
2001
出版社
スナップ社
タグ:

望月正夫

Masao MOCHIZUKI

数々の名写真家を輩出した東京綜合写真専門学校の第4期生であり、須田一政と同期にあたる望月正夫。
日本の写真家が世界的にも隆盛を迎えた70年代〜80年代にかけても目立った活動履歴は有していないものの、1998年に開催された個展「Television」は欧米でも高い注目を集め、2001年に刊行された同名の作品集で世界中より一躍脚光を浴びた写真家。