おすすめ、サイン入り

CTY(2冊組)

アントニー・ケアンズ

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました。

限定版/限定50部/サイン入

Morel BooksとAkio Nagasawa Publishingから出版された、2種類の『CTY』をスペシャルケースにセットしました。
Akio Nagasawa Publishing版は、Morel Books版の収録写真をネガ・ポジ反転し、再構成しています。

[Akio Nagasawa Publishing]
サイズ
220 x 160 x 35 mm
頁数
376頁
製本
ハードカバー
言語
英語
発行年
2018.11
[Morel Books]
サイズ
161 X 216 mm
頁数
376頁
製本
ソフトカバー
言語
英語
発行年
2017.9
[ケース]
サイズ
227 x 165 x 70mm
タグ: cty

アントニー・ケアンズ

Antony Cairns

1980年ロンドン生まれ。2002年にロンドンカレッジ・オブ・プリンティングを卒業。
ケアンズは、ロンドンや東京、ロサンゼルスのような都市の建物から投影される光を使い、夜間に写真を撮影し作品を制作しています。
ヨーロッパや米国、日本など世界各地で作品を発表し、現在はロンドンを拠点に活動をしています。

主な受賞歴は、「HARIBAN AWARD」(2015年)、「Images Vevey Special Jury Prize」(2017年)、「Gapado Air Hyudaicard residency award」 (2019年)など。
主な個展歴として「The Tale of Adam Earl Gordons」(Théâtre de Verdure、ヴヴェイ、スイス、2018年)、「TYO2-LDN4」(Roman Road、ロンドン、2017年)、「OSC – Osaka Station City」(Roman Road、ロンドン、2016年)、「LA-LV / LDN Process」(SferaExhibition、京都、2016年)など。国内外のグループ展にも参加し、主に「Artificial Impressions」(ブレダー市立近代美術館、ブレダー、オランダ、2018年)、「Shape of Light: 100 Years of Photography and Abstract Art」(テート・モダン、ロンドン、2018年)、「London Nights」(ロンドン博物館、ロンドン、2018年) 、「A Matter of Memory: Photography as Object in the Digital Age」(ジョージ・イーストマン・ミュージアム、ニューヨーク、2016年)、「Gapado Artist in Residence」(西帰浦市、大韓民国、2019年)、「Steigltiz 19 Gallery」 (Antwerpen, ベルギー、2020年)に参加。

アントニー・ケアンズの出版物

稀少 サイン入り

IBM Basic 01

アントニー・ケアンズ

$609.92

おすすめ サイン入り

TYO2 Inverted

アントニー・ケアンズ

$2,439.70

スペシャルエディション 稀少 サイン入り

CTY(特装版)

アントニー・ケアンズ

$1,219.85

おすすめ サイン入り

CTY

アントニー・ケアンズ

$81.32