展覧会 No.019
『 蜉蝣 』

アーティスト

1938年大阪生まれ。写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て1964年に独立。写真雑誌などで作品を発表し続け、1967年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。1968-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加、ハイコントラストや粗粒子画面の作風は“アレ・ブレ・ボケ”と形容され、写真界に衝撃を与える。
ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を開催するなど世界的評価も高く、2012年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。2012年、ウィリアム・クラインとの二人展「William Klein + Daido Moriyama」がロンドンのテート・モダンで開催され、2人の競演は世界を席巻した。2016年パリ・カルティエ現代美術財団にて2度目の個展「DAIDO TOKYO」展を開催。2018年フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」が授与された。2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。

出版物

蜉蝣

$116.13
在庫有り

『記録』、『写真よさよなら』と同年の1972年に発行された、森山大道によるヌード写真集『蜉蝣』の新装版。団鬼六(1931-2011)による協力のもと撮り下ろした緊縛写真を中心に再構成し、未公開カットも収録。
装幀:町口覚

50年もまえの、遠い記憶をずうーっと溯り手繰っていくと、ある半島の岬にある名もなき小さな村へと突き当る。するとそこには5人の裸の女たちが一様に繩で縛られて茫然としていた。ぼくはカメラを出して、自然と撮りはじめていた。
なんとなく、「かげろう」のような1日だった。

-森山大道 後書きより