GINZA

BOKU

森山大道

2020年9月1日(火) - 9月30日(水)
会期未定

写真集『BOKU』(Akio Nagasawa Publishing、2019)より、ゼラチンシルバープリントやラムダプリント、シルクスクリーン、ライトボックスなど多様な技法にて表現されたセルフポートレート作品を展示。

開催時期未定
※4月21日(火)より開催を予定していた、森山大道「BOKU」展は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を延期しています。
今後のスケジュールについては、ホームページやSNSにてお知らせ致します。ご来廊予定のお客様へは、ご迷惑をおかけし申し訳ありません。作品に関するお問い合わせは info@akionagasawa.com までご連絡いただければと思います。何卒ご理解、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

アーティスト

1938年大阪生まれ。写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て1964年に独立。写真雑誌などで作品を発表し続け、1967年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。1968-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加、ハイコントラストや粗粒子画面の作風は“アレ・ブレ・ボケ”と形容され、写真界に衝撃を与える。
ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を開催するなど世界的評価も高く、2012年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。2012年、ウィリアム・クラインとの二人展「William Klein + Daido Moriyama」がロンドンのテート・モダンで開催され、2人の競演は世界を席巻した。2016年パリ・カルティエ現代美術財団にて2度目の個展「DAIDO TOKYO」展を開催。2018年フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」が授与された。2019年ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。

出版物

BOKU

$105.03
在庫有り

『PANTOMIME』『TIGHTS IN SHIMOTAKAIDO』『Lips! Lips! Lips!』に続く、キャンバスにシルクスクリーン刷表紙の手製本の第四弾。
全点が森山大道のセルフポートレイトで構成された希少な一冊。