宮島達男 解体新書/Tatsuo MIYAJIMA Kaitai shinsho

宮島達男

判型
192 x 132 x 38 mm
発行年
2010
出版社
Akio Nagasawa Publishing

宮島達男

Tatsuo MIYAJIMA

1957年東京生まれ。86年 東京芸術大学大学院修了。国際美術展ヴェネチア・ビエンナーレの若手作家部門アペルト'88に出展、99年のヴェネチア・ビエンナーレには日本代表として参加、以来、国内外で精力的な活動を続けている。
時間や人間のライフサイクルの連続性、永遠性、関係性を示唆する「それは変わりつづける」、「それはあらゆるものと関係を結ぶ」、「それは永遠に続く」という3つのコンセプトに基づいたデジタルカウンターを用いた作品を発表し続けている。
また、長崎市で原爆によって被爆した柿の木から採取した種を苗木に育て世界中の子供たちに育ててもらう「『時の蘇生』柿の木プロジェクト」にも積極的に参加を続けている。