おすすめ、スペシャルエディション、サイン入り

Attempting Exhaustion_Limited Edition_Type A

Daniel Blaufuks

カートに入れる

レジに進む カートに商品が追加されました。

限定10部、サイン&ナンバー入

「Attempting Exhaustion」のプリント付特装版。

写真集「Attempting Exhaustion」にアーカイバル・ピグメント・プリント1点付き
プリント裏面にサイン&エディションナンバー入
プリントは3種類、各限定10部

 

2009年から2016年にかけて、私はリスボンにある自宅のキッチンで、テーブルと窓の写真を撮り続けた。初めのうちは、その静けさに惹かれて撮影していたのだが、撮り続けるうちに、状況が窓から差し込む光によって変化する様に興味を持つようになり、最終的には、それらの幾何学的な構成に魅了されるに至った。つまり、物事が、完全には同じではないが、日々反復しながら続いていく様子に注目せずにはいられなくなったのである。季節や天気の移り変わりに応じて、ほとんど目には見えないわずかな変化が日々起っている。ペレックはパリのカフェ・タバコまで通っていたが、それに対して私は自宅が撮影場所だったので、外出する必要すらなかった。明るく、うすぼんやりとした窓のもとで、日々の生活のなかでテーブルの上の状況が少しずつ変化していく。食事、グラス、新聞、雑誌、花瓶、ナプキン、季節の果物、紙、楽器、地図。いつしか、外界から隔離されて引きこもっている私にとって、このキッチンが避難所であり、シェルター、瞑想と癒しの場所となっていた。

−Daniel Blaufuks 後書きより−

判型
216 x 155 x 26mm
プリント
アーカイバル・ピグメント・プリント
シート・サイズ
139 x 204 mm
イメージ・サイズ
80 x 75 mm
頁数
114頁
製本
ハードカバー
表紙
クロス装+スペシャル・スリップケース
発行年
2017
出版社
Akio Nagasawa Publishing

Daniel Blaufuks

Daniel Blaufuks

ダニエル・ブラーフックスは、写真やビデオ作品を中心に、書籍、インスタレーションなどを通じで作品を発表しており、世界各地で展覧会が開催されているポルトガルのアーティストである。写真と文学の関係に取り組んでおり、ライターであるポール・ボーウェル氏とコラボレートした『My Tangier』(1991)などにはすでにその傾向があった。また、パブリックなものと、プライベートなものの間にある関係性が、彼の制作における長年のテーマとなっている。『Collected Short Stories』(2003)の中で2つの画像を対幅形式で並べることで、”スナップショットの散文”とも言うべき効果を生み出し、切り取られたごく私的な風景が、やがて大きな物語へと展開していく、その過程を表現した。また、映画制作にも取り組んでおり、ドキュメンタリー『不思議の国のアビス』は、ニューヨークのリンカーンセンターで公開された。  近年のおもな展覧会として:Calouste Gulbenkian Foundation (リスボン)、 Palazzo delle Papesse (シエナ)、LisboaPhoto (リスボア)、Centro Cultural de Belém (リスボン)、Elga Wimmer Gallery (ニューヨーク)、Museu do Chiado (リスボア)、Photoespaña (マドリッド)。また、2007年にはUnder Strange Skies のインターナショナル部門でBest Photography Book of the Year賞を受賞した。2010年にゲッティンゲンのSteidlより『Terezín』を発表し、2011年にはリオデジャネイロの近代美術館で、2014年にはリスボンの国立現代美術館で個展を開催した。 2017年、彼は前年度の展覧会 Léxico とAttempting ExhaustionによってAICA-MC賞を受賞している。

Daniel Blaufuksの出版物