AOYAMA

宇和島

森山大道

2018年9月4日(火) - 11月24日(土)
11:00–19:00 [13:00–14:00 CLOSE]
日曜、月曜、祝日休廊

この度、Akio Nagasawa Gallery Aoyamaは、森山大道個展『宇和島』を開催致します。

2004年、森山大道は、美術家・大竹伸朗を案内人に愛媛県の宇和島の町を旅しました。町を歩き夢中で撮られた写真は雑誌「Coyote」(スイッチ・パブリッシング)創刊号に掲載され、時を経て今年5月に雑誌未掲載の写真に再び光をあてた写真集「宇和島」(同上)が刊行されました。
また、森山は2012年にも縁があり宇和島を再訪し、多数の写真を撮影しています。

本展では、写真集「宇和島」収録作品全点のオリジナルプリントと、2012年に撮影された未発表作品20点をインスタレーション形式で展覧致します。
是非この機会にご高覧ください。

アーティスト

1938年大阪生まれ。写真家・岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て64年独立。写真雑誌などで作品を発表し続け、67年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。68-70年には写真同人誌『プロヴォーク』に参加し、ハイコントラストや粗粒子画面の作風は“アレ・ブレ・ボケ”と形容され、写真界に衝撃を与える。
ニューヨーク・メトロポリタン美術館やパリ・カルティエ現代美術財団で個展を開催など世界的評価も高く、12年にはニューヨークの国際写真センター(ICP)が主催する第28回インフィニティ賞生涯功績部門を日本人として初受賞。
2012-13年にはウィリアム・クラインとの二人展『William Klein + Daido Moriyama』がロンドンのテート・モダンで開催され、絶大な人気を誇る二人の競演は世界を席巻した。 2016年にはカルティエ・ファンデーションにて「DAIDO TOKYO」展を開催。

出版物

宇和島

$19.83
Sold Out

写真家・森山大道がカラー写真で切り取った愛媛県宇和島の人々・情景。

写真家・森山大道は雑誌「Coyote」の創刊2004年に、愛媛県の宇和島の町を旅した。美術家・大竹伸朗を案内人に、町を歩き夢中で撮られた写真たち。当時、雑誌に掲載されなかった多数の未発表写真に、再び光をあてる。森山大道の写真集を多く手がけてきた町口覚を造本家として迎え、『宇和島』の旅が一冊の写真集に。

― 出版社説明文より